TOPICS

VeLO/vetica
VeLO/vetica

ヘアサロンも“多様性”がキーワードに

内側と外側の両面からの美を提案する新たなビューティスポットへ

一昔前までは、ヘアサロンといえば、髪をカットしたりパーマをかけるなど、デザインを主にする場所でした。それが、今では髪だけでなく、地肌や内面まで見つめ直す、新たなビューティスポットとして足を運ぶ人が増えています。「ピトレティカ×クレンジング・カフェ」コラボレーション企画を通じて、これまでとは違うヘア業界の流れや、サロンで働くスタッフの意識変化についてVeLO/veticaの赤松美和氏と阿部力氏にお聞きしました。

  • ここ最近、サロンに来られるお客様のニーズはどのように変化していますか?

    赤松さん

    デザインはもちろんですが、ヘアケアやヘッドスパへの関心がかなり高まっていますね。白髪やハリコシ、ボリュームなど、エイジング絡みの悩みを持つお客様が増えてきました。

    阿部さん

    お客様との会話に、髪の毛以外の食事や心、身体…自宅で出来るマッサージ方法など、いろんな側面からの美容情報について関心を持たれるお客様が増えてきたように感じますね。

  • 内と外の両方からのアプローチが重要だと感じている“美意識の高いお客様”が増えているということですね。そのようなお客様とのコミュニケーションの中で、大事にしていることや意識していることはありますか?

    阿部さん

    身体の中から…という点で、食べ物の情報は常に意識していますね。

    赤松さん

    食べ物の情報というのは、どんなこと?

    阿部さん

    旬の食材が身体にどのような影響を与えてくれるのか、ということを学び、お客様やスタッフ仲間と共有しています。

  • 赤松さん

    なるほどね~。私はお客様とのコミュニケーションに結果的に役立っているな…と思うのは、バランスのとれた自炊生活や常温のお水(2L以上)や乳酸菌を多く含むヨーグルトを飲むことを心がけ、実践していることかな。あと、インナービューティ情報に関するアンテナを常に立てて、実践するようにしています。

    阿部さん

    自分が実践したことは、お客様とのコミュニケーションをするうえで説得力も増すので、僕も心がけるようにしています。特にセルフマッサージや姿勢などは、簡単にできるので意識するようにしています。

    赤松さん

    それは同感!頭皮マッサージに加えて、ブラッシングや高性能ドライヤーについてなど、日々情報はアップデートするように意識しています。

  • 多方面からの美容情報をインプットされているようですね。ちなみに、“美容意識の高いお客様”を見てどう感じられていますか?

    多方面からの美容情報をインプットされているようですね。ちなみに、“美容意識の高いお客様”を見てどう感じられていますか?

    阿部さん

    美容意識の高いお客様は、ポジティブな方が多い気がします。綺麗になる方法や身体に良い情報などは、自分だけで止めるのではなく、自身の周りのお友達ともシェアしているなど、互いに高めあっていらっしゃるイメージです。そんな姿をみたりすると、とっても勉強になります。

  • スタッフ同士で、内外両面への美容アプローチについてなどを話す機会は増えましたか?

    スタッフ同士で、内外両面への美容アプローチについてなどを話す機会は増えましたか?

    阿部さん

    はい。ジムやヨガに通ったり、ヘルシーなライフスタイルを送るスタッフは確実に増えています。よくサロンのバックルームでは、カロリーなど、食べ物の話が出るようになりました(笑)。

  • ピトレティカを導入してからの、お客様の反応をお聞かせください。

    ピトレティカを導入してからの、お客様の反応をお聞かせください。

    赤松さん

    仕上がりの質感はもちろんですが、フルフラットのシャンプーベッド(YUME ESPOIR)での施術ということもあり、お客様から「リラックスできた~」と施術内容にとても満足した反応をいただきます。あと、香りに関してもすごく好評です!

    阿部さん

    お客様の“香り”の満足度は本当に高いです。他にも「今までにないトリートメント」、「頭皮の整体が受けられるなんて最高」、「毎日やりたい」と高い評価をいただいています。

  • 美容師=ハードワークと言われますが、ピトレティカを導入する前と後では、ご自身の考え方や心持ちなどは変わりましたか?

    阿部さん

    これまでは、サロンワークや練習が終わった後、“疲れ”を気にかけたことは、あまりなかったんです。ピトレティカを導入した後は、翌日に疲れを持ち越さないという意識に変わりました。どうしても疲れた時は、ピトレティカのトリートメント練習するスタッフのモデルをしてリフレッシュしています(笑)

    赤松さん

    私は、導入前後というよりは、年齢的に40代になった頃から、自然と身体が求めるものにスイッチしていった気がします。サロンワークでハイパフォーマンスを実現するために、「心・技・体」が整う必要性を感じているところに、ピトレティカと出会って共感したんですよね。

  • ピトレティカの「ここがいい!」という点を教えてください。

    赤松さん

    やはり香りが…(笑)

    阿部さん

    ですね(笑)日本人好みでいいと思います。

    赤松さん

    そして何と言ってもお客様から驚きと好評いただいているピトレティカ独自の施術法“頭皮の整体”。最後に、毛先まで満足できる手触りですね。あと、女性にはとても大切なことだと思いますが、パッケージデザインもすごくいいですよね。

    阿部さん

    毎日の積み重ねが後の本物の髪を作ってくれると思うので、“毎日使う大切さ”を実感できる質の良さもピトレティカの素晴らしいところだと思います。

  • ピトレティカ×クレンジング・カフェのコラボレーション企画についてどう思われましたか?

    阿部さん

    ヘアケア業界にはなかった画期的な企画! おしゃれですよね。

    赤松さん

    クレンジング・カフェと組まれたところにとてもセンスがいいなと思いました。美容意識が高いお客様へアプローチがしやすかったです。興味をすごく持っていただけて、こういったコラボレーションの可能性を感じました。

    阿部さん

    あと、インナービューティを考えるお客様にたくさん出会えたことがよかったですよね。

    赤松さん

    今流行りの「ジュースクレンズ」ではありますが、言葉は知っていてもなかなか自分で足を運んで試す、というところまではいかない場合もあるので、今回の企画をきっかけに実際に自分も体験することができたのは大きいですね。知識が深まりより興味が湧きました。

  • コラボレーション企画のお客様の反応はいかがでしたか?

    阿部さん

    チケットが足りないほど大好評で、お客様からは「得した気分!」と喜んでいただけました。そんなお客様の喜んだ顔を見たり、感謝の言葉をいただけると、提案している自分たちもすごく嬉しいですね。「もっといろんな方に知ってほしい」とお客様に言っていただけました。

    赤松さん

    「ジュースクレンズ」の言葉は知っていても、「クレンジング・カフェ」を知らないお客様もいらっしゃったので、すごく興味を持っていただけましたね。なかなか難しいとは思いましたが、サロンでジュースを提供できるといいのにな、と思ったほどです!

Special Contents

Pick up

  • 【ちょっと、otonaの悩み。】
    otona女子が気にし始めてきた悩み事を専門家の人に聞きにいきました。今回は、知っているようで知らなかった香りについてです。
  • 【from pittoretiqua】
    毎朝、苦戦するスタイリング。自分にテクニックがないせいだとあきらめていませんか? その理由、実は髪の状態が大きく影響しているかもしれません。今回は、髪のプロにスタイリング案と髪の状況についてお聞きしました。
  • 【Special interview】
    内・外両面からの美を提案する新たなビューティスポットへと進化しているヘアサロン。コラボレーションを通じて感じたことを語っていただきました。
  • 【Special interview】
    ヘアケアとジュース。異色とも思えるコラボレーションを実行し、成功を収めた2月から、今夏第2弾のコラボレーションがスタート。カフェのこと、コラボ企画のこと、クレンジングジュースについて語っていただきました。