TOPICS

ピトレティカについて、今、伝えたいこと。
ピトレティカについて、今、伝えたいこと。

約5年前。ピトレティカを立ち上げたときから携ってきた開発担当・三根氏に、ピトレティカの誕生からこれまでの成り立ち、思いについて語ってもらいました。

  • ピトレティカの誕生背景を教えてください。

    女性の社会進出によって、女性にかかる負担についてクローズアップされることが多くなりましたが、実際に身近な人たちにも、仕事やプライベートも頑張りすぎてしまう女性が沢山いるなと実感したんですよね。
    そこで、これまで美容室といえば、ヘアスタイルを整えにいく場所として認識されていましたが、忙しい女性に向けて、ヘアスタイルを整えるのと同時に、リフレッシュできるような場所になるといいな…という思いから企画がスタートしたんです。

  • その際に、お客様にアンケートを取らせていただいたのですが、髪質とストレスの関連性をとても感じている、という回答が7割にものぼったんですね。それを受けて、美容師さんにヒアリングしたら、ストレスを感じているお客様の髪質や地肌が、前回の来店時と比べて違いがあるという声を多数聞きました。そこで“ストレスと髪質・地肌は連動している”という考えのもと、じゃあどういう製品が、どういうサロンで、どういうサービスの形として提供できればよいのか…ということから「根本からケアする」ことを目指すブランドとして、ピトレティカを立ち上げることになったんです。

  • ブランド開発にあたり、着目したことやこだわったことはなんですか?

    大きなテーマとしては、髪質や地肌のケアを通じて“ストレスから解放する”ということですね。プロダクトの開発では新規の美容液成分を見つけたり、優れたケア効果を求めて香料メーカーや美容に精通された教授との共同開発をおこないました。その他にフォーカスしたのはサロン施術です。自律神経や女性ホルモンのバランスといった内面とストレスは、リラクゼーションだけでは難しいのでは、ということで「頭皮の整体」を導入することに行き着いたんです。

  • 以前からヘッドスパという概念はありましたが、浸透するのに時間がかかっていました。それは、ご褒美として“リラックスしに行く”という側面が大きかったからじゃないかと。この「頭皮の整体」は、リラックスさせるのと同時に、心身をよりときほぐすような満足度の高い施術を実現するために、専門家の方達と一緒に開発しました。特に負担となっている後頭部、首、肩までしっかり揉みほぐす施術は、弊社のオリジナルなんです。

  • 骨や筋肉、リンパなど、体のあらゆる仕組みを基礎から叩き込まないとできないのがこの「頭皮の整体」の特徴です。パソコンやスマホを多用するデジタル時代の今、前傾姿勢になりやすく、首や肩が凝っている人が非常に多い。そこから眼精疲労につながり、疲れもなかなか抜けずに、モチベーションも下がってしまう。頭も実はすごく凝っているんですよね。揉んでほぐすだけで、気持ちまでスッキリして楽になったりする。もちろんセルフケアも大事ですが、自分ではなかなか触れられないところを刺激することで、非常に高い満足を感じられると思います。

    ただし、この「頭皮の整体」を習得していただくのは、正直、大変です(笑)。それぞれのお客様によって骨や筋肉も微妙に違います。パーソナルな悩みに対応できるように、美容師さんたちには、かなりの時間を要していただいています。その分、我々も教育サポートにはかなり力を入れています。

  • 地肌は髪だけではなく首や肩にもつながっている、ということは、なかなかわかりにくい部分なので、状態に合わせてお客様に的確なアドバイスを伝えるということは、サロンにしか出来ないことと考えています。自分に合わないヘアケアを使っていらっしゃる方って意外に多いので、プロから今の髪に合わせたアドバイスや最適なプロダクトを提供する。それがサロンに来ていただく意味でもあると思います。

  • ピトレティカの製品のこだわりとは?

    ピトレティカでは、前述したストレスと言ったキーワードの他に、女性ホルモンや自律神経、毛髪や地肌、そして酸化の5つのメソッドをベースとして、髪質や仕上がりに合わせて3シリーズを展開しています。健康な毛髪と地肌、そして心身、メンタルのつながりについてなど多角的にアプローチできることがピトレティカの大きな魅力。そのためエビデンスに沿った美容液成分に加え、香りにも非常にこだわっています。サロンでの仕上がりをご自宅でも持続させるために、髪質に分けて開発しているので、合わないものを使えば、効果をなかなか感じることができない処方になっています。

    季節の変わり目を始め、ホルモンバランスなどによって影響を受けやすいのが女性なので、製品のセレクトもすごく重要です。また、トリートメントに関しては、つけてからすぐ流しても十分に効果を発揮するように作ったのですが、これもまたなかなか難しかった! 泡立ち1つもすごくこだわったんです。細かいところまでこだわったので、研究チームとは何度もぶつかり合いました。しかしその都度、諦めずに理由を伝え、理解してもらいながら少しずつ進めてきました。

  • こだわりぬいたブランドだからこそ、サロンケア、頭皮の整体、ホームケア、三位一体で提供することで、格段に髪がよくなってくれたら…と思います。当然、髪質が変わると、必要とするシャンプー&トリートメントも変わってきます。それをベストなタイミングで選ぶことができるのは、やはりプロならでは! サロン専売品だからこそできることだと思っています。肌状態に合わせて、ベストなものを選ぶという点では、スキンケアと同じですよね。状態に応じて、プロダクトを使い分けられることが、理想的な使い方だと思いますし、実際効果も高まりやすいです。

  • 時代の流れと“今”

    ピトレティカを作っていく中で、肌で感じているのは、ここ数年で「健康美」に意識を向ける人が非常に増えて来たこと。ピトレティカの考えの中にもある自律神経や女性ホルモンのバランスを気にされる方が増えてきていて、実際、髪にも影響を及ぼすことがわかった。それをサロンでも一緒に考えることができるというのは、時代の流れとはいえ、画期的だと思います。

    ヘッドスパもここに来てグッとニーズも高まり、リラクゼーションに留まらない、効果の高い内容を打ち出すサロンも増えてきています。それは、これまでのように“ご褒美”ケアではなくて、メンテナンスの一環とする方が多くなってきたからだと実感しています。

    ヨガに行く、健康的な野菜やフルーツを絞ってジュースを飲む、マッサージにいく、自分のために日常的にメンテナンスをする中にサロンを一緒に考えてもらえたら。ピトレティカは、そういうライフスタイルに一緒に寄り添うブランドでありたいですね。

  • 今回クレンジング・カフェさんと初のコラボを行いました。
    こちらの企画についてはどう思いますか?

    ピトレティカのお客様は、健康美を意識されている方が多く、メンテナンスに時間をかけているので、1回目のクレンジング・カフェさんとのコラボは、すごく有意義だったなと思っています。ピトレティカは、体のメンテナンスとしても提案できたらいいなと思っているので、一緒に健康美の習慣を提供していくという企画は、開発側としても楽しいし、お客様とサロンも繋げられるし、いい流れになったと思っています。

    そういう意味では、クレンジング・カフェさんと第2弾のコラボも非常にわくわくしています。

  • 今回は、同時期に限定のサマースペシャルセット(ポーチ付/アウトバス&トラベルサイズセット)を提案しています。季節でいうと紫外線ダメージとエアコンダメージが気になる時なので、そういった季節的なお悩みの助けになれたらいいなと思っています。このキットをきっかけに、ケアの習慣だったり、ヘアスタイルの仕上がりにプラスしてもらうことで、根本のケアを強化することで、髪が変わるということを知ってもらえたら! サロンとお客様がここでまた繋がっていけるいい機会になるのではないか、と楽しみにしています。

    ※乾燥によるダメージ

  • 忙しい女性だからこそ、いろんなところに出かける場面が多い。そのために綺麗でいたい、ケアをしっかりしようとする女性が多いと思うんですよね。ライフスタイルにピトレティカを活用してもらえたら。ブランドイメージもそうなのですが、親友のように寄り添う存在であれたら嬉しいですね。

トラベルサイズのこだわりもすごくて(笑)。例えば、この容量なんですが、通常のトラベルサイズは2~3日分ですが、ピトレティカは約1週間分なんです。これって、女性は、シャンプーを使った翌朝に効果を判断して、気に入れば3日間は使い続けるらしいんです。しかし、4日目に一旦浮気をしてしまいがちなんです。しかし、しばらくたつとピトレティカのよさを実感してくださるらしく、その時、いつでも戻れるように1週間分を提供しています。

また、髪の変化に合わせて使い分けることをオススメしているので、ライススタイルの変化や髪のダメージによって一時的にホームケアを変える時にトラベルサイズは、とても人気なんです。同時に、お友達へ勧める際、使いきれるトラベルサイズだと非常に喜ばれるという声も聞いています。

Special Contents

Pick up

  • 【ちょっと、otonaの悩み。】
    otona女子が気にし始めてきた悩み事を専門家の人に聞きにいきました。今回は、知っているようで知らなかった香りについてです。
  • 【from pittoretiqua】
    毎朝、苦戦するスタイリング。自分にテクニックがないせいだとあきらめていませんか? その理由、実は髪の状態が大きく影響しているかもしれません。今回は、髪のプロにスタイリング案と髪の状況についてお聞きしました。
  • 【Special interview】
    内・外両面からの美を提案する新たなビューティスポットへと進化しているヘアサロン。コラボレーションを通じて感じたことを語っていただきました。
  • 【Special interview】
    ヘアケアとジュース。異色とも思えるコラボレーションを実行し、成功を収めた2月から、今夏第2弾のコラボレーションがスタート。カフェのこと、コラボ企画のこと、クレンジングジュースについて語っていただきました。